カテゴリ:演劇( 2 )

朗読劇「星の王子様」シュガークラフト

1月22日 亀有リリオホール

劇団シュガークラフト

朗読劇「星の王子様」にゲスト出演(ヴァイオリン)してきました!

朗読劇とヴァイオリンとのコラボは初めてでした〜♬
[PR]
by hirokazukoizumi | 2012-02-23 18:16 | 演劇

監獄彼女

っという訳で・・
無事大成功に終わった舞台。

演出家・キャスト・振り付け・指導・スタッフ・関係者全ての皆さん
本当にお疲れさまでした068.gif

お客さんも全7回とも満員御礼状態。024.gif
みんなの力を結集するってホントに素晴らしいよ。


コイズミの担当は、ヴァイオリンをどう使うかを演出家 広光さんと
何度もディスカッションし・・

◆歌手とのコラボレーション
◆キャストとしての出演
◆台詞に被るように劇伴(BGM)としての使い方。

という3つに絞る事にした。

これはなかなか一つの舞台で観れないパターンなので
舞台として希少価値が高いのでは!?


コイズミは作る側(作曲やプロデュース)でもあるので
ヴァイオリンというアイテムを如何に面白く使うか!?という事を
俯瞰して見る事が出来る・・。


今回の会場の広さを加味して、ノーマイク(生音)でいく事。
バンド編成ではなくアカペラで演奏する事。

演出的に女優が台詞からすぐ歌に入れる事。
(まっ、いわゆるSing like Talking ってな感じかな。
コンサートっぽくならないように、喋るように歌うっていうか・・)

など、制約ありの中で・・。

声や台詞との音量バランス・歌手のテンポ感にピッタリと!
(音がまるで貼り付いているかのように・・)

自分がキャスト的に出る以外は全て黒子的要素だから
コンサートみたいに目立ってはいけないわけで・・。

その切り替えも重要だね!


どんどん良い作品を世に出していって下さいね。
そして、又一緒にやりましょう。

コイズミのオリジナルCDご購入の皆様、有り難うございました!

慰問のシーンとカーテンコールの曲は、コイズミオリジナルですよ058.gif

知ってた??
[PR]
by hirokazukoizumi | 2010-11-23 17:24 | 演劇